プロのような出来栄えに

仕上がりはとてもなめらか

メイクアップ

エアブラシメイクの最大の効果はファンデーションが薄く均一に塗れる、ということです。エアブラシメイクでは、リキッドファンデーションをエアブラシにセットして肌に向かって吹き付けます。するとリキッドが粒子の細かいミストとなって肌に付着します。一度にぼってりとついてしまうことがないので、ムラにならないのが特徴です。薄く均一につく、ということは、毛穴や肌の凹凸など気になる部分もきれいにカバーできるということ。もちろん重ね付けも可能なのでシミやソバカスも隠すことができます。その場合もいかにも重ね塗りしたという厚ぼったさがなく、仕上がりはとても自然です。気になる部分をコンシーラーで先にカバーした上からファンデーションを吹き付けても、きれいに仕上がります。エアブラシメイクなら、カバー力がありながら自然な質感に仕上がる、という理想のメイクが可能になるのです。また、もう一つの効果としてグラデーションがきれいに出るということが挙げられます。エアブラシで描いたイラストをイメージするとわかりやすいのですが、エアブラシから吹き出す粒子はとても細かいので、チークやアイカラーもきれいにぼかしこみ、ベースメイクになじませることが可能です。アイカラーはもちろん複数色使いもでき、色の境目がきれいにぼかされたプロ並みの仕上がりも夢ではありません。また、特にチークは血色をよく見せるために薄く入れたり、アクセントとして濃いめに入れたりと仕上がりは自由自在。どちらもきれいにぼかしこめるので、ワンランク上の仕上がりが望めます。

1日中キレイをキープ

メイクアップ

せっかくお化粧をしたのにも関わらず化粧崩れをしてしまう、小じわにファンデーションが入り込み老けた印象になる、乾燥で肌がガサガサに・・などのお化粧の悩みは人それぞれです。これらお化粧の悩みを一気に解決できるメイク方法として、1日中キレイな状態をキープしやすい「エアブラシメイク」をおすすめします。エアブラシメイクは液状のファンデーションをコンプレッサーの圧力によって微粒子化させ、肌へと吹き付ける事でお化粧できるメイク方法です。エアブラシを通してミスト状となったファンデーションは、エアーを含んでいるので汗を逃がしやすくなります。化粧崩れは汗や皮脂が増える事によって起こるので、エアブラシメイクに変える事で各段に化粧崩れを起こしにくくなるのです。また、化粧崩れは肌の乾燥によっても引き起こされますが、エアブラシメイク用のファンデーションはウォーターベース処方で作られており、水分を多く含んでいます。ですのでファンデーションを塗っても乾燥しにくく、化粧崩れ予防や乾燥肌対策もエアブラシメイクで行う事が可能です。超微粒子のファンデーションがピッタリと肌に吸い付き、光を均一に反射する事によって小じわも目立ちにくくなります。このようにエアブラシメイクは大人の女性が感じやすい、様々なお化粧の悩みをカバーできる点が魅力である事から、国内でも人気が広まりつつあるようです。ただ単にお化粧するのではなく、1日中キレイを保ちたいという方はエアブラシメイクにチャレンジしてみてはいかがでしょう。

化粧品を「吹き付ける」

ファンデーション

メイクは肌をきれいに見せるために必須な要素です。すっぴんに自信があるという人はそうはいません。人と会う時に多くの人が顔を注視する以上、顔をきれいにする努力は欠かすことはできないでしょう。最近のメイクの仕方は多様化しています。化粧の下地を作ってファンデーションを付けてという作業を手で行う方法が一般的ですが、今ではエアブラシを使ったメイク方法が話題になっています。エアブラシというと、塗料を塗る時に使うものと考える人が多いですが、メイクでも十分に活躍してくれます。エアブラシを使うとファンデーションなどが細かな粒子状になるため、均一に肌に付けることができます。そのおかげで化粧ムラや摩擦によるずれが起こりません。肌に優しいことも大きなメリットの一つです。エアブラシによって吹き付けたものはイオンの電気によって肌に吸着します。無理やり押し付ける感じがないので、敏感肌の人でも肌への負担を抑えてメイクができます。肌の質に関係なく、普通の化粧品できめ細かなメイクができることがエアブラシメイクの特徴です。これからエアブラシを使ってみようという人もいるかもしれません。買うのであれば、長く使い続けられる物を選びたいところです。初めてエアブラシを使う人はシングルアクションのブラシがおすすめです。細かな調整があまり必要なく、操作もボタンを押すだけとシンプルな使いやすさが魅力です。価格も安いため、メイク用のエアブラシに適っていると言えます。